「進撃のEOS」の圧倒的ポテンシャルについて

こんにちは

暗号通貨CCI管理人のあっくです。

 

2月前後から始まった仮想通貨市場の暗黒期は終わりを迎え、数日前からようやく、上昇トレンドに転じたと言えるのではないでしょうか。

今日は、さらに嬉しい情報をお届けします。

 

下の表は、4/29時点の時価総額上位30位までの仮想通貨一覧です。

各仮想通貨が最高値を記録した日付とその時の価格、それと、本日(4/29夕方)の価格を載せています。

一番右のカラー背景で示される数字は、最高値の価格に対する現在の価格(比率)を示し、ビットコインは12/17に付けた最高値時点の0.47倍(半分の価格にも満たない)などの見方をしてください。

 

15位のTetherは、USドルに連動する通貨のため、ここでは評価対象外。

すると、青(Good)で目立つのは5位のEOSと24位のAeternityなのですが、なんとこの2銘柄は、4/29時点で最高値を記録しています!

2月前後の仮想通貨大恐慌を乗り越え、ついに最高値を更新する有名どころの通貨が現れ始めました!

 

Aeternityは恥ずかしながら「初めまして」のレベルでよく分かってません。あとで調べてみるとします。

 

それにしても、EOSの進撃、すごくないですか?

値動きの激しい草コインなどではなく、時価総額ランクのトップグループに位置する通貨ですから。

 

きっと、進撃のEOSに刺激され、他の仮想通貨も「俺たちもやれる!」と言いながら、価格を戻していくことでしょう!

いい加減なことを言っているように聞こえるかもしれませんが、市場は人の心理が作るので、この「行けそうな気がする」という「行けるかも感」って大事だと思ってます。

次に、最高値を記録する通貨は、比率の数字だけをみると、19位のオミセゴーか21位のバイナンスコイン辺りかもしれませんが、引き続き、ウォッチしてみたいと思います!

 

関連記事

ピックアップ記事

2019.1.9

Weiss Ratings社の仮想通貨格付の全通貨・全期間結果

暗号通貨CCI管理人のあっくです。 明けましておめでとうございます。 去年1月に、Weiss Ratings社による世界初の暗号…

PR

おすすめ記事

PR

オリジナルウィジェット

ブログパーツをご自身のサイトに貼り付けてみませんか?

PR