WR仮想通貨格付結果とFCASスコアを同一面上にプロットしてみた

↑おかげさまで、まずまずです↑

 

暗号通貨CCI管理人のあっくです。

先日、FCAS(Fundamental Crypto Asset Score)のスコア一覧が完成した際に、次のコミットをさせて頂きました。

次は、FCASを横軸、格付を縦軸にとって、全通貨のグラフを作ってみようと思います。

 

数が多くて見せ方に苦労しましたが、なんとか形になりましたので、お披露目したいと思います。

 

FCAS vs RATINGのプロット結果

FCASとWeiss Ratings 仮想通貨対象を集計した結果、FCASスコアのついた通貨は406種類格付のついた通貨は121種類でした。

 

まずは、そのままプロットした結果から。

底に貼り付いている●は、格付け一覧に載っていない通貨を示します。

●をタップすると、該当通貨の情報が表示されます。

 

これでは味気ないので、仮想通貨格付A〜Eで色分け。

上段の凡例をタップすると、該当の通貨だけがハイライト表示されます。

 

最後に、パッと見てどの通貨がどの●なのかイメージしやすいように、時価総額に比例したサイズで表現。

 

特に考察はしませんm(_ _)m

こちらのチャートでは、時価総額の低い通貨がゴマ粒サイズになってしまいますが、直感的に分かりやすいと思うので、格付け一覧ページとFCAS一覧ページにも掲載し、毎週更新したいと思います。

 

また、今後はビジュアライゼーション(可視化)を一つのテーマとして、仮想通貨を色んな形でお見せして行くので、引き続き覗きに来ていただけたら幸いです。

↓ブログランキングへのご協力ありがとうございます。おかげさまで、まずまずです↓

関連記事

ピックアップ記事

2019.5.17

まだ遅くないクロスエクスチェンジ〜XBANK代表中西氏との対談〜

暗号通貨CCI管理人のあっくです。 良いご縁に恵まれ、クロスエクスチェンジの企画・開発を行っているXBANK代表の中西 威人(なかにし…

PR

おすすめ記事

PR

オリジナルウィジェット

ブログパーツをご自身のサイトに貼り付けてみませんか?

PR