使い方

暗号通貨の表示

トップページの画面最上部「表示対象に追加」と書かれた検索ボックスをクリックすると暗号通貨の一覧が表示され、一つを選択するとその通貨の基本情報がトップページに表示されます。

詳細ページへ移動/詳細を見る」と書かれた検索ボックスも同様の方法で通貨を選択することができ、こちらは選択した通貨の詳細ページへ移動します。

検索ボックスに英数字を入力すると、通貨の絞り込みを行うことができます。

トップページの機能

トップページは4パート(管理通貨情報、切り替えボタン、通貨ブロック、お知らせ等)で構成されています。

通貨ブロック切り替えボタンで操作した結果が上段の通貨管理情報に反映されるため、まずはじめに、通貨ブロック切り替えボタンについて紹介します。

通貨ブロック

トップページ上部「表示対象に追加」の検索ボックスで選択した仮想通貨の基本情報がブロック枠内に表示されます。初期状態では、ビットコインの基本情報が表示されており、他の通貨を表示対象に追加することで、複数の仮想通貨を一覧として表示させることができます。

ブロックの各項目について


・日本相場での価格(※1)について

日本語かつ日本円対応の取引所で扱われている通貨について、日本相場の価格として表示しています。

・保有数設定(※2)について

ブロック内の入力欄に保有数を設定すると、画面上段の「管理通貨情報」で資産状況をリアルタイムに確認することができます。複数の取引所やウォレットに分散している暗号通貨の資産・保有状況の一元管理などにご活用ください。

・価格チャート(※3)について

後述する切り替えボタンにより、価格チャートの表示や切り替えを行うことができます。価格チャートは、12時間幅のライン(エリア)チャートと、24時間幅のローソク足チャートの2種類があります。チャートの横幅がブロック枠内に収まらない場合は、更新ボタンで画面を更新してください。

同じブラウザであれば表示・保有設定が数十分から数日間保持されますが、ランダムなタイミングで設定が初期化されてしまいます。

ユーザ登録(無料)してログインすると、表示設定が永続的に保持されるだけではなく、使用端末やブラウザに関係なく同じ設定が適用されます。

切り替えボタンについて

ブロック上部に設置されている8つのボタンについて紹介します。

①〜④のボタンは、表示の切り替え機能に相当し、いつでも利用可能です。
⑤〜⑧のボタンは、並び替え機能に相当し、こちらはログイン時に利用可能です。
「③相場の切り替え」は、日本相場に対応した通貨に対して有効です。チャートが切り替わるだけではなく、後述する「管理通貨情報」の価格(保有資産等)にも影響します。

管理通貨情報

画面上段の管理通貨情報には、次の3つの表示機能があります。

  • 保有通貨資産状況
  • 表示銘柄
  • 価格通知設定

保有通貨資産状況

保有設定した暗号通貨の資産総額と割合を示します。

見出しの「目のマーク」をクリックすると、資産総額の表示/非表示の切り替えを行うことができます。

左上のマークは「日本相場」と「世界相場」のどちらで表示されているかを示します(下の例は日本相場表示です)。

表示銘柄

表示対象に選んだ通貨の一覧を示し、初期状態では、現在の価格と保有数が表示されています。

見出しの「¥マーク」をクリックすると、現在の価格の代わりに、各通貨の保有資産が表示され、「%マーク」をクリックすると、保有数の代わりに、前日との変化率が表示されます。

また、変化率を表示した状態で「¥マーク」をクリックすると、各資産の日次損益が表示されます。

価格通知設定

会員登録(無料)してログインすると、仮想通貨が指定した価格になった時にメールで知らせる機能をご利用頂けます。

上のETH(イーサリアム)の設定例は、「イーサリアムの価格が180,000円以上になったら、メールで知らせる」という意味で、条件を満たすと登録時のメールアドレスへ以下の内容が送られます(メール通知済みの設定は、自動的に削除されます)。

通知設定や設定変更・取り消し(削除)は、各仮装通貨の詳細ページで行うことができます。

現在の価格から5%以上離れた価格を設定する必要があります。例えば、現在の価格が100円の通貨の場合、価格上回り通知設定 105円以上、価格下回り通知設定 95円以下、の設定範囲となります。

保管管理機能

保有する暗号通貨について、どこに、何枚、保管しているのかを管理するための機能です。

詳しい使い方について、こちらの記事で紹介しています。

 

当サイトについて

当サイトは、Cryptocurrency Market Capitalizationsをはじめとする、複数の暗号通貨総合サイトや仮想通貨取引所の情報を元に作られています。

現在、世界中に存在する仮想通貨やトークンは1,500種類とも2,000種類とも言われていますが、時価総額(発行数×価格)が著しく低い暗号通貨は、流動性が低くデータ更新頻度も低い傾向にあるため、本サイトでは時価総額トップ1000前後の暗号通貨を取り扱っています。

当サイトに載せている仮想通貨の現在価格は5分毎に更新されていますが、各暗号通貨の更新タイミングにばらつきがあるため、表示内容は5~10分前の情報とお考えください。

また、参照元サイトに不具合が生じた場合、当サイトにも更新遅延などの影響が生じる可能性があります。正確な情報としてではなく、参考情報としてご活用いただきますよう、ご理解のほどお願い致します。

今後について

仮想通貨に関する「こんな機能、あったらいいな」の実現を目指し、利用者からの要望を反映させ、サイトを洗練させていく予定です。当然ながら、実現できる範囲で、ということにはなりますが・・。。

例えば、仮想通貨の現在価格を知らせるLINE Botでは、利用者に仮想通貨の記号名(BTCなど)をメッセージで送るようにお伝えしていますが、「暴騰」「暴落」というメッセージが届くことがあります。

利用者の期待「こんな機能あったらいいな」を意味するものと捉えており、LINE Botに「24時間のうちに暴騰/暴落した通貨のベスト10を教える」などの機能を追加しようと考えています。=> 対応しました

このように、サイトやLINE Botの改善・改良を行い、利用者からの声を十分に吸い上げたところで、ゆくゆくはスマホアプリとして提供できればと思っています。=> アプリ化は中止となりました(関連記事)。

ご意見、ご感想などありましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。

ピックアップ記事

2018.10.14

情報強者のためのブックメーカー投資

暗号通貨CCI管理人のあっくです。 とてもワクワクすることがあり、興奮気味にこの記事を書いています。 8月に「ブックメーカー投資…

PR

オリジナルウィジェット

ブログパーツをご自身のサイトに貼り付けてみませんか?

おすすめ記事

ページ上部へ戻る